Galaxy S8のケースはSpigenのウルトラハイブリッドに決定

f:id:nusoopy:20170721234825j:plain

先日、スマホを新しく買い替えた。

新しく購入したのはGalaxy S8。Galaxyというと一つ前のモデル、Galaxy Note 7で起きた発火問題。そのことが頭をよぎったが、さすがに直後のモデルではより厳重にチェックしているし、大丈夫だろう。多分。
さて、新しいスマホを購入した時、「ケース、保護フィルムをどうするか」で悩む人は多いと思う。
特にAndroidの場合はケースの選択肢が少ない。
これがiPhoneだとケース選びにあまり苦労しないだろう。iPhoneはユーザー数が多いので、ケースで違いや個性を出したりしようとするのか、キャラクターものから奇抜なデザインのものまで、様々な種類のものが発売されている。
そんなiPhoneユーザーを横目に羨ましく思いながら、新しいケースをどうするか悩む日々。

そもそもケースをつけるべきかどうか。
端末保護を考えると、やはりつけた方がいいだろう。ただ、Galaxy S8の良さの一つにスリムなボディと極狭のベゼルがある。ケースを付けることでこれらの特徴が台無しになることは容易に考えられる。
安全を取るかデザインを取るかのジレンマ。
結局、保守的な僕はケースを付けて安全を取るという守りの姿勢に入った。

どのケースを選ぶか

Androidの中ではGalaxyは割と人気のある端末だと思うのだけれど、それでもやはりケースの種類は少ない。世界的にも人気があるシリーズなので、国内だけでなく海外でも多くの種類ケースが発売されているのが唯一の救い。

さて、スマホケースとして良く見かけるのが手帳型のものだが、個人的にあの形はあまり好きじゃない。定期やカードをスマホとまとめて持ち歩くことができるので便利だとは思うが、スマホを使う度に「手帳を開く」というワンアクションが必要になることに違和感を感じる。なので、手帳型のものは候補から外し、普通のカバーを探す。
次はカバーを薄いものにするか、ガッチリとガードするものにするか決めなければならない。
ベゼルの狭さやスリムなデザインを最大限活かすのであれば薄いケースを選択した方がいいだろう。ただ、それならいっそつけなくてもいいかもしれない。そんな思いからガッチリとしたカバーを選択することに。

ガッチリとしたスマホカバーといえば米国MILスペックを満たした、Spigenのものだろう。僕はMILスペックという言葉に弱い。
S6 edgeでもSpigenのカバーをずっと愛用していたので、今回もSpigenのカバーを選択することにした。ただ、S6 edgeで使用していたタフアーマーシリーズはさすがにごつい。それにカバーが厚すぎて音量ボタンが押しにくかったので、今回はそれよりも薄いウルトラハイブリッドを選択。

f:id:nusoopy:20170721235645j:plain

保護フィルムはどうするか

ケースと同じく、スマホを手に入れた時に必ずつけているのが保護フィルム。
フィルムに関しては全く悩まずに、Spigenのネオ・フレックス一択。貼り方が特殊なので事前に動画で確認しておく必要があるが、柔らかいのでピッタリとフィットするし触り心地も良い。それにケースにも干渉しない。

f:id:nusoopy:20170721235733j:plain

早速つけてみた

f:id:nusoopy:20170721235827j:plain

f:id:nusoopy:20170721235841j:plain

f:id:nusoopy:20170721235847j:plain

やはりケースをつけるとどうしても野暮ったさがでてしまう。ただ、ガッチリと保護してくれそうな感じはあるので良しとする。 背面のクリア部分だが、思ったよりも指紋が目立った。材質上、これは仕方がないのかもしれない。
保護フィルムに関しては特に問題なかった。
しいて言うなら、もう少しサイズが大きい方が良かったと思う。

カバーをつけたことでS8の持つデザイン性はかなり失われてしまったが、安全のためにもしばらくはこの構成で使ってみる。

Galaxy S8を購入

f:id:nusoopy:20170717232000j:plain

1年半お世話になったGalaxy S6 edgeからGalaxy S8に機種変更した。
別にスマホが壊れたとか、2年縛りが解けたタイミングだからMNPで乗り換えたとかではない。本当にただ変えたいから変えた。

Galaxy S6 edgeは本当にいいスマホだったと思う。エッジディスプレイは――たまに触れてしまい予期しない動作をするものの――基本的には使いやすい。なによりPie Controlとの相性が良さすぎる。1年半使用した後でもバッテリーの持ちは悪くなかったし、デザインだって嫌いではない。
一括0円で購入することができたし、これで防水機能がついてさらにSDカードも使用できれば最高だった。

そして、S8には防水機能があり、SDカードも使うことができる。物理ボタンを排除したことで画面が広くなり、なによりデザインが格好いい。これはもう変えるしかない。(ちなみに防水機能とSDカードの使用はS7ですでに搭載されているが、機種変更したのがS7発売の少し前だったので見送った)

現在契約しているのはau。docomoショップでMNPすると実質0円で購入できると言われたので、最初はMNPをするつもりだった。auでは誰でも割(2年契約)を契約していたため、解約するとMNPの手数料と合わせて14,000円ほどかかってしまう。しかし、auの機種変更の本体代金が実質約50,000円なので、docomoのMNP実質0円に比べたらそれでも得になる計算。
早速、MNPの手続きをしようとauのカスタマーセンターに電話をして手続きを始める。ここで予期していなかったことが一つ。なんと手続きの最後で機種変更時に使えるポイント20,000円分のプレゼントを提案された。結局これが決め手でauを継続して使用することになる。
ちなみに、後で調べて分かったのだが、MNPしようとすると引き止めポイントが貰えるというのは結構有名な話だったようだ。電話では6月末にキャンペーンが終了すると言われたので、現在はもう終わっているのかもしれない。
さて、この20,000ポイントと元から持っていた4,000ポイントで機種代金を割引し、月々サポートを受けても実質支払額はまだ25,000円程、MNPの実質0円には及ばない。ここにS6 edgeの下取り10,000円を引く。それでも実質負担額の残高はまだ15,000円程ある。まだ高い。

それでもauでの機種変更を選んだのは、UQWiMAXを使用していると「auスマートバリュー mine」を使うことができるから。これはUQWiMAXの使用者は月々約900円程の値引きを受けられるというもの。機種変更後2年間継続して使うと考えると、900円×24ヶ月で21,600円ほど得する計算になる。この金額を計算に入れると2年間使用した際のトータル費用はauの方が安くなった。
(スマートバリューに関しては条件があったり、利用プランによって割引額が異なる場合があるので、上記のケースはあくまでも僕の利用状況の場合)

頭金に注意

ショップによっては機種代金とは別に頭金が必要なところもあるので注意。
僕が最初に訪ねたショップでは別途5,000円ほどの頭金が必要だったので、そこで契約するのをやめて頭金がかからないショップを探した。電話口で頭金が必要かどうか答えてくれるので、行く前に電話で確認した方がいい。
auのオンラインショップなら頭金0円なので、手続きに自信があるならオンラインショップで買った方がいいかもしれない。

開封

高級感のある箱、ずっしりと重い。
早速開封してみる。

f:id:nusoopy:20170717232030j:plain

開いたところ

f:id:nusoopy:20170717232039j:plain

f:id:nusoopy:20170717232123j:plain

f:id:nusoopy:20170717232138j:plain

前面

f:id:nusoopy:20170717232156j:plain

背面

f:id:nusoopy:20170717232210j:plain

SIMカードとmicroSDスロットを開くためのツール

f:id:nusoopy:20170717232307j:plain

f:id:nusoopy:20170717232324j:plain

付属品のAKGイヤホンマイクとイヤーピース、テレビアンテナケーブル
AKGと書いてあるがAKG製ということではなくAKGチューニングしてあるだけのもので、本来なら$99もする品物らしい。オーディオ関係のものには全く詳しくないが、正直僕はこれに$99は出せない。でもマイクとリモコンがついたイヤホンは持っていないので、ありがたく使わせてもらう。
使っているのはSeriaで購入したシリコンクリップ。100円なのに使いやすくて重宝する。

f:id:nusoopy:20170717232356j:plain

使用した感想

物理ボタンがあることに慣れてしまっていたので、最初はとまどうことも多かったけれど割とすぐに慣れた。指紋センサーの位置が背面カメラの横に移ったせいで使いにくくなった、という記事をいくつか見かけたので心配していたのだが、そんな風には感じなかった。間違ってカメラのレンズを触ってしまい指紋で汚すことはあったが、個人的には後ろにある方が使いやすくて好き。指紋認証だけでなく虹彩認証、顔認証もできるようだが、写真とコンタクトレンズを使えば誰でも認識してしまうという話を聞いたので使っていない。そんな手間をかける人がいるのかどうかも分からないけど。
ちなみにXperia Z1fを使っているときも顔認識でロック解除できる機能があったのだが、ロック解除しようとする度に自分の汚い顔が画面に出てくるのですぐに使わなくなった。今はどうなっているんだろうか。
動作はサクサクと安定しており、もたつく感じもない。S6 edgeではホームアプリにNova launcherを使用していたのだが、S8にプリインストールされている新しいTouchWizホームも悪くない。操作が楽しいのでホームアプリはしばらくTouchWizを使い続けることにする。
USBコネクタがType-Cコネクタになっているので新しく用意する必要はあるものの、今のところはデザイン、UI、機能、バッテリー持ちと全て満足している。
問題はケースをどうするか。保護するためにもできればケースをつけたいが、そうするとせっかくのデザインが台無しになってしまう。

SARASAの逆襲

f:id:nusoopy:20170712001203j:plain

ここ最近、ボールペンといえばアクロインキジェットストリームしか使っていなかった。もちろん郵便局などに備え付けのボールペンを使うことはあったが、その度に改めて上記2種類のインクの凄さを知る。油性でありながらヌルヌルした書き味は他の追従を許さず、自分の中では不動の2トップだった彼らを脅かす存在として突如現れたのがジェルインクボールペンの「 SARASA

もちろんSARASAの存在を知らなかった訳ではない。僕がまだ高校生だった頃、メインに使用していたボールペンがSARASAだった。ジェルインクのスルスルっとした書き味はノートをとるのを楽しくさせてくれたし、当時流行っていたのか周りにも使っている生徒がたくさんいた。
いつからだろうか、SARASAではなくジェットストリームをメインに使うようになったのは。

そんなSARASAがなぜ今頃お気に入りに再登場したのか。

きっかけは知人にボールペンを借りたこと。ボールペン自体は普段から持ち歩いているのだけれど、その日はたまたまインクが切れてしまった。そんな時に借りたボールペンがSARASAだった。
SARASAの黒は「鮮やかな黒」。鮮やかな黒という日本語はおかしい気がする。墨のような発色の黒とでもいえばいいのだろうか。ジェルインクが持つ、油性インクにはないその良さを改めて知る。
SARASAをメインのボールペンとして使おうかと思ったが、ジェルインクボールペンで気になることが一点。それは油性インクに比べて「乾きが遅い」ということ。学生時代にSARASAを使っていた時も、乾ききる前に擦ってしまって字が読めなくなるということが結構あった。特に縦書きで書いていた国語のノートなんて汚くなりすぎて読めたものじゃない。そう考えるとメインとして使うのはやや厳しいか。

しかし、どうやら速乾性の「SARASA dry」なるものがあるらしい。従来のSARASAに比べて乾く時間が85%も短縮されたようだ。すぐに乾くのであれば上記のような問題は起こりにくいのかもしれない。であれば使わない理由なんてない。
というわけで、SARASA dryをメインのボールペンとしてしばらく使ってみることにした。

軸として使うのは高級感のある「SARASA Grand」
SARASA dryのリフィルと互換性があるので、この軸にSARASA dryのリフィルを入れて使ってみる。

1ヶ月使ってみて

黒の発色はジェットストリーム、アクロインキよりもSARASAの方が鮮やかで好み。
紙の上を滑るようなジェットストリームに比べ、SARASAはやや紙にひっかかる印象。僕はジェットストリームだとヌルヌル書けすぎて意図せずに丸っこい字になってしまうので、ややひっかかる感じのSARASAの方が好みだし、書きやすいと感じた。
また、dryの名の通り、書いてもすぐに乾くためあまり気を使わなくていいのも嬉しい。ただ、従来のSARASAより乾きやすいとはいってもジェルインクはジェルインク、書いた直後に擦ってしまうと字は潰れてしまうので多少は注意をしたほうがいいかもしれない。右利きの人は縦書きの時、左利きの人は横書きの時、特に注意しておいた方がいいだろう。
黒のボールペンはこのままSARASA dryを採用することにした。

気になった点

SARASA Grandの軸を使った場合、ペン先にややぐらつきが見られた。普通のSARASAの軸だとぐらつきを感じなかったので、Grandの穴がやや広いのかもしれない。
ぐらつきがあるといっても微々たるものなのでそこまで気にすることないのかもしれない。ただ、ペン先の角度によってはかなり感じるので、軸に対してこだわりがなければGrandではなく普通の軸を選んだ方がいいと思う。

グループワークにはGoogle Docsを取り入れるべき

f:id:nusoopy:20170711001435j:plain

学生時代、グループワークを求められた方は多いと思う。
かくいう自分も経験したし、現在通っている場所でもわりと頻繁にグループワークを要求される。内容自体は意見をまとめて提出する程度のものから、プレゼンを作り上げてメンバー全員で発表するものまで多岐にわたる。
グループワークが嫌いな人も多いようだが、自分はどちらかといえば好きな方だと思う。もちろん、意見をまとめたりしなければいけない分グループワークは手間がかかるし、場合によっては一人でやった方が速いし効率的なこともある。
しかし、一人でやるとどうしても自分のアイデアの固執してしまったり、そこから抜け出せなくなってします。柔軟な視点がないと言い換えれば良いだろうか。その点、グループワークでは自分が考えもしなかった意見が出てきたり、人の知らない一面が見えたりして楽しい。

Read more

2017年夏の目標

f:id:nusoopy:20170710153326j:plain

最近、季節ごとに目標を立てて行動しようとしているのだけど、きちんと達成できた試しがない。なので、ブログに書くことで自分を追い込んでいこうと思う。
もう2017年の夏も半ばぐらいに差し掛かってしまったが、この夏の目標は
  • 無駄遣いしない
  • 本を20冊以上読む
  • 早起きする
  • 体重を5kg落とす
  • フォトウォークに行く
の5つ。

無駄遣いしない

僕の場合、ストレスが貯まるとモノを買ってしまうことが多い。
先日もそれでMystery Ranchのリュックを購入し、貯まった楽天ポイントでヨガマットも購入したのだけれど、その後立て続けに
・スマホを機種変更する
・左目が腫れてしまって眼科に掛かる
・macbook proのescキーが壊れて外部キーボードを購入
・スニーカーが破れて新しいスニーカーを購入
など、機種変更以外は割と予期しない出費が続いてしまった。
最後の方なんてたかだか5千円程度のモノを買うのにカードを2回払いにする始末。
さすがにお金を管理するという意識をちゃんと持たないとダメなので、しばらく出費は交際費のみに抑える。

本を20冊以上読む

元々本を読むのは好きなのだが、今回はある事情であるトピックに関連する文献を20冊ぐらい読まないといけない。
小説ではない専門的な文献を読むのがあまり得意ではないのでモチベーションが中々上がらない。ただ読まないと苦労するのは自分なので頑張って読むしかない。

早起きする

本当は割とギリギリまで寝ていたいのだけれど、最近オンライン英会話でいつも教えてもらっている先生の予約が中々夜中にとれない。先月なんて夜中に受講できたのは1ヶ月の内5日程度。なので、人が少ない朝の時間帯に英語を勉強することにした。
前日にお酒を飲んでいないと目覚めもいいのでついでに酒の量も減らす。

体重を5kg落とす

ここ1年で10kgほど太ってしまい、お風呂の時に鏡を見れない。
夏だからと行ってプールや海に行く予定はないが、せめて自分のお腹を直視できるようになりたいので頑張る。
しばらくはジョギングとヨガ、食事制限で体重を落とし、減量ペースによってはジムに通う予定。

フォトウォークに行く

4年ほど前に購入したオリンパスのOM-D E-M5。ほとんど子供と犬しか撮っていないので写真の勉強のためにも、カメラを持ってただブラブラ歩く日を作りたい。

以上5つがこの夏の目標。難しいことはないので全部達成したいのだけれど、どうだろう。
ブログに書いたことでモチベーションは上がったので、このモチベーションを保ちつつ頑張りたい。

TOEIC Listening/Reading Testを受けてきた

f:id:nusoopy:20170627233705j:plain

この前、TOEIC Listening/Reading Testを受けてきた。
前に受けたのが2013年だったので約4年前。その間も英語学習自体はコツコツ続けてきたので自分の実力がどう伸びているのか確認するために受検を決意。
といってもTOEIC対策は全くやっていなかったので、直前に模擬問題集を解いてみる。Listeningは難ありだが、Readingは落ち着いて解けば何とかなるかもしれない。

Read more

セールでの割引や値段を気にしないようにしたら楽になった話

f:id:nusoopy:20170623113439j:plain

買い物をする時、色々と気にする部分があると思う。
ブランドであったり、デザイン、素材と色々あるが、その中でも自分が一番気にするのが「価格」。
価格、つまり値段が安いというのはもちろん
  • セールで高い商品が大幅に値引きされている、つまり高いものを安く買えているかどうか
  • ユニクロのように安いのに、品質が良いといった「コスパ」を重視する
といったことを、常に気にして買い物をしていた。

しかし、そのせいか
  • 70%OFFセールなど、高いものが大きく値引きされているの見つけた時、衝動買いをすることが増えた
  • 気に入ったデザインであってもコスパを考えて購入の決心がつかず、結局ユニクロなどに落ち着いてしまう。しかし、デザインが気に入って買ったわけではないので、すぐに着なくなる
などといったことが頻繁にあった。

特に、セールになっている商品はその割引率だけに注目してしまい、実際の金額が少々高くても気にせずに購入するという始末(例えば、6万円のものが2万円になっていると、普段高く感じる2万円を安く感じるようなもの)
購入した直後はお得感による満足度が高いのだが、大体しばらくしてから買ったことを後悔する。特にオンラインショッピングで購入したものにその傾向が高い。

ただただ限定セールという言葉とその割引率に踊らされる日々。
なので、どうすれば改善することができるのか考えてみた。

原因としては
  • セールの場合、その機会を逃すともう安く買えないかもという焦りからとりあえず購入してしまう
  • 値引き率の方に意識がいってしまい、実際の値段まで意識が回っていない
  • モノを買う時に「何を最も重視するか(デザインや素材、価格など)」の基準が定まっていない、もしくは自分の中の基準と実際の購入動機に差がある(デザインを重視したいけど、品質の面で勝る別の商品を購入。けれどデザインが気に入らないので結局着なくなる)
といったことが考えられる。

そこで、購入するときは常に
  1. セール商品を見てもすぐには買わない。その商品が今欲しいものの優先順位でどの位置にあるのかを考える
  2. 購入した後、自分の生活がどう変わるのか、使っている場面が具体的にイメージできるか
  3. 自分の中で、ものを買う時の基準をハッキリさせる(例えば服の場合、3,000円以下なら品質重視、それより高い場合はデザイン重視)
ということを意識するようにした。

正直、季節ごとに色々なお店がセールしている中、(1)を実行するのは結構大変なのでは?という不安もあったが、意外と大丈夫だった。というより、セールであることをあまり意識しないようにしてから、欲しい商品がセールで安くなるのを待ったり、セールの時期をチェックするストレスから解放されて楽になった。
もちろん、購入した商品がセールで安くなっていたり、セールの時に買わなかったものがどうしても欲しくなり、「あの時購入したらもっと安かったのに・・・」と思うこともあったが、それ以上に「また無駄なものを買ってしまった」と思うことが激減した。
なによりも自分が今までどれだけセールに踊らされて、不要なものを買っていたのか。ということに気づくことができたのが一番大きな変化。